荷物の受け取りトラブル

受け取り印鑑イメージ

昔、仕事の関係で、宅急便業者さんとのやり取りを多く経験したのですが、その中で、荷物の受け取りトラブルが起きることもありました。
人間が行っている作業である以上、カンペキではありませんから、どこかで必ずミスが起きてしまうようなことはあります。

荷物の受け取りも同じで、間違った人に届けてしまったりすることも稀に起きるんですよね。
そういったことを防ぐために、必ず渡す前に名前を確認したり、本人であるかを聞いてみたりするわけですが、100%ミスを防げるとはいいきれないのです。

こういったトラブルを防ぐために、荷物を受け取った場合に印鑑やサインで、受取確認をすることが必要なわけです。

これは、トラブルが起きたときにとても重要になってくるもので、後々、そのサインに間違いが無いかどうかなどを、場合によっては確認することもあるのです。

実際にトラブルが起きないと、この印鑑やサインにあまり意味が無いんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、実際にトラブルが起きてから、もしサインが無いとなれば、一大事になってしまいますからね。
ここはたとえちょっと手間を感じても、必ずしっかりとサインをしておきましょう。

荷物の受取はシャチハタ印でも可能です。
サインだと真似られるのが心配、という場合には、印鑑やシャチハタを使ったほうが安全ですね。

特に、名前がちょっと複雑で書くのが面倒、という場合にはシャチハタが便利です。
私は昔、シャチハタというものを知らなくて、荷物の受取に朱肉をわざわざつけて印鑑を押していました。
宅急便やさんは、スムーズに各家を回りたいでしょうから、さぞかし迷惑をかけてしまったことでしょう。

ページの先頭へ