印鑑は人生の節目で必要となる

印鑑押印イメージ

日本人は世界的に見ても、几帳面な性格といわれていますよね。
そんな、几帳面さをよくあらわしているのが、印鑑の存在ではないでしょうか。
印鑑は、日本独特の文化の象徴です。

最近はサインですませるような場合も多いものですが、それでも重要な書類や、何かの手続きの際には、印鑑が欠かせません。
海外の外国人の方が、日本に来て何か手続きをする際には印鑑が必要になるため、自分用の印鑑を用意するそうです。

そういった場合、カタカナで自分の名前を表現したものや、自分の名前を漢字で当て字にしたりするみたいですよ。
こういったものは通常用意された印鑑の中にはありませんから、オリジナルで作ってもらうことになります。
でも、普段はなかなか見ることができないですから、持っていても、ちょっと楽しい気分になってしまいそうです。

母国に帰れば、現地の方に日本の文化を自慢するアイテムにもなるわけです。
向こうの方からみれば、オシャレグッズのひとつにみえるかもしれません。

印鑑は小さいわりに、内容が凝っていますから、見方を変えれば、一種の芸術品のような価値があるかもしれません。
お値段は安いものから高いものまでありますが、シャチハタやゴム印といったような、実用性を重視したものもあるわけです。
そう考えると印鑑の文化というものは、なかなか奥が深そうですね。

日本人は一人で数本、自分用の印鑑を持っているものです。
普段の使い道を考えれば2~3本あれば十分なのですが、中には何十本、何百本と持っているような人もいるかもしれませんね。

ページの先頭へ